UVカット SPF

050.gif SPF?
Sun Protection Factorの略で、UV-Bの防止効果を表します。


SPF?
Sun Protection Factorの略で、UV-Bによるサンバーン(日焼けによる炎症)の防止効果を表しています。


SPF20以下 日常生活
SPF20〜30 通常の外出
SPF30以上 屋外での活動

UVカット効果:SPF値1=約20分  
例えば・・・SPF15の場合 →20分×15倍 = 300分(5時間)
つまり、SPF15は、5時間のUVカット効果があるということ。


数値が大きいほど効果は高いのですが、あんまり高いと肌への負担も大きくなりますからね。日常生活では、SPF10〜20がいいかと。。。

乳液や美容液などもSPFの表示をしているものもありまから、これらを考慮して使い分けをしてくださいね。それから、お肌への負担も考えると、敏感肌の方は、紫外線吸収剤の使われていないUV製品や乳液がいいかと思います。



SPF上限
日本化粧品工業連合会の基準で、SPFは50が上限とされていて、SPF測定法により測定した結果、SPFが50より高い場合には、「SPF50+」と表示しています。
(日本化粧品工業連合会資料より)





紫外線 季節と時間 UVの影響 UV対策 ミニ知識 リンク集



Copyright © 2006-2011 紫外線の研究所?· All Rights Reserved
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。