オゾン層破壊の影響

オゾン層破壊

オゾン層とは成層圏(高度10〜50km)の高度20km付近の領域をいいます。

オゾン層は酸素であり、太陽の紫外線による光化学反応で生成されており、紫外線を吸収しています。


しかし、このオゾン層が人間の発明したフロン(CFC(クロロフルオロカーボン)、HCFC(代替フロ ン))などによって破壊され、紫外線(有害紫外線・UV-B)がより強く地表に届くことになります。




オゾン層は一部熱帯域を除き、全地球的に減少傾向にあり、高緯度ほどその傾向が顕著です。

近年、南極上空では9月から11月頃にかけて成層圏のオゾン量が著しく少なくなる「オゾンホール」と呼ばれる現象が観測されるようになってきています。


オゾン層破壊の原因のほとんどは人が作り出したフロンにあることは先に述べました。

これらの化学物質は大気中に放出されるとほとんど分解されずに成層圏に達します。

そこで太陽からの強い紫外線により分解され、塩素原子や臭素原子を放出するします。この塩素原子や臭素原子が触媒となってオゾンは破壊されるのです。





紫外線 季節と時間 UVの影響 UV対策 ミニ知識 リンク集



Copyright © 2006-2011 紫外線の研究所?· All Rights Reserved
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。